HOME > カイロプラクティックとは

カイロプラクティックとは

D.D.パーマー(D.D.Palmer) カイロプラクティックはアメリカで100年以上前にD.D.パーマー(D.D.Palmer)により発見された新しい医療です。
カイロプラクティックとは、パーマーの患者であり友人でもあったサムエル・ウィード(Samual H.Weed)によって名づけられた言葉です。
D.D.パーマーは9年間の間、人間の病気の根源を研究していました。
D.D.パーマーは雑役夫をしていたハービー・リラード(Harvey Lillard)が、17年間耳が聞こえないことを知り、どうしてその様になったかを聞くと「17年前のある日、窮屈な姿勢で身をかがめた時、何かが背中を走るような感じがして、それっきり何も聞こえなくなった。」と答えました。
カイロプラクティックとは D.D.パーマーはその時の状況に興味を持ち、リラードの脊柱を検査している時、椎骨に盛り上がり瘤が出来ているのを発見しました。
D.Dパーマーはその椎骨をもとに戻せば聴力が回復するのではないかと考え、リラードを説得して両手で祖の椎骨を押し込んだ瞬間、17年間失われていたリラードの聴力が回復しました。
それが1895年9月18日のことであり、世界で最初にカイロプラクティックが誕生した瞬間です。
D.Dパーマーのカイロプラクターとしての人生は18年間と比較的短いものでありましたが、カイロプラクティックの発展に全てを捧げました。
その意志は、息子でもあるB.Jパーマーに引き継がれ、孫のD.D.パーマー3世の時に科学的に認められ、法制化されました。
現在、認可されている18校の専門大学の卒業生は「脊椎の専門家」として米国では数多くのカイロドクターが誕生しています。

発明家 トーマスエジソンの言葉

"THE DOCTOR OF THE FUTURE WILL GIVE NO MEDICINE BUT WILL INTEREST HIS PATIENTS IN THE CARE OF THE HUMAN FRAME,IN DIET,AND IN THE CAUSE AND PREVENTION OF DISEASE. "
THOMAS A.EDISON

『将来の医術者は薬を使わずに、人間の骨格構造・栄養・病気の原因と予防に注意を払うようになるだろう。』
トーマス・エジソン


このページのトップへ